能力・人柄

大学職員の採用には学歴フィルターがある!国立大学なら高卒もチャンスあり

卒業した人たち
kobataka1

大学職員に就職するのに「学歴」は関係あります。

大学ごとに決まった足切りラインがあるとは限りませんが、近年求職者の多い大学職員の採用に基準となる「学歴フィルター」を設けていると考えていいでしょう。

本記事の結論
  • 大学職員の採用には高学歴が採用されやすい
  • 関東圏の人気大学では7割以上の職員がMARCH以上の学歴
  • 私立大学の新卒採用は「学歴フィルター」があると思った方がいい
  • 国公立大学や中途採用はあまり学歴フィルターはないが、高学歴採用者が多い

本記事では、現役大学職員が「大学職員の採用と学歴の関係」について解説します。

なお、学歴フィルターがあるのは原則として新卒だけで、中途採用は学歴はあまり気にされません(それでも高学歴の方が有利かもしれません)。

ダイマナ
ダイマナ
現役アラサー国立大学職員
Profile
  • 平成元年生まれの30代、千葉県出身
  • 現役大学職員(大学職員歴:6年)
  • 大学では、教務・研究支援の業務を担当
  • ゆるふわ大学職員になろう
  • 教務.com管理人
  • プロフィールを読む
    あわせて読みたい
    国立大学事務職員の平均年収は低い?現役職員が給与月額・ボーナスを公開!
    国立大学事務職員の平均年収は低い?現役職員が給与月額・ボーナスを公開!

    大学職員には高学歴が多い:出身大学の割合を紹介

    大学職員には高学歴が多いです。実際に、筆者の大学(関東圏国立大学)の30代までのおおよその出身大学ごとの割合を紹介します。

    • 早慶上智・都市圏国公立大学出身が4割(早稲田、上智、大阪、筑波など)
    • MARCHレベル・地方国立が3割(立命館、法政、山形、茨城など)
    • それ以下の大学が3割(駒沢、日本女子、帝京など)

    おおよそ7割以上の若手職員が「高学歴」といわれる、私立大学・国公立大学の出身です。

    40代以上の上司は、「最近、入ってくる子は高学歴ばかりでビックリする」と話しています。

    大学職員はホワイト職場と知られ、人気のため、高学歴ではないと採用されづらい状況になっています。

    大学職員に高学歴が多い理由

    大学職員 卒業・離職

    大学職員に高学歴が多いのは、人気の職業で倍率が高いことの他に、以下の理由があります。

    • 学歴フィルターがある
    • 筆記試験による足切り
    • 教員が高学歴
    • 採用する人が保守的

    学歴フィルターにより高学歴の人が残る

    公表することはないですが、応募が多い人気企業は「学歴フィルター」をかけて、選考に進む人数を絞っています。

    有名私立大学などは採用時に学歴フィルターをかけていると考えて間違いないでしょう。足切りの基準は、MARCH未満あたりだと考えられます。

    一方で、国立大学では筆記試験を行っていますので、学歴フィルターによる足切りはないと考えていいでしょう(筆記試験のない社会人枠採用などは、学歴フィルターをかけている可能性もあります)。

    国立大学では筆記試験を突破すれば、高卒・専門学校卒で採用されている人もいます。

    筆記試験による足切りで残るのは高学歴の人が多い

    国立大学では各地区で「国立大学法人等職員採用試験」という公務員試験に似た形式の大学職員採用試験を行っています。

    SPIや常識問題のようなものとは違い、対策が必要なテストです。勉強が得意な人でなければ、数ヶ月の勉強での突破は難しいと言われています(高学歴の人は「常識問題レベル」といっている人もいます)。

    また、有名私立大学など受験者の多い大学では、筆記試験の突破基準を高く設定しているため、結果として高学歴の人が多く採用されるのが実情です。

    教員が高学歴のため、高い教養が求められる

    大学教員は日本最高峰の高学歴が揃います。旧帝国大学(東京大学、京都大学、名古屋大学、東北大学、北海道大学、大阪大学、九州大学の七大学)の大学院を卒業しているのが平均的な学歴です。

    私立大学の出身でも、有名大学への留学経験があったり、常人離れした業績を有しています。

    知の最高峰である大学教員を相手にするのに、教養のある高学歴の人が採用されやすいのだと思います。

    採用担当が保守的

    採用する側は、ルールに則って「正しい手順で仕事を処理できる人」を求めています。採用されやすいのは以下の特徴がある人です。

    • コツコツ頑張れる人
    • 教員・学生のサポートにやりがいを感じられる人
    • コミュニケーション能力が高い人

    コツコツ頑張れる性質を示す1つの指標を「学歴」に見ているのかも知れません。受験勉強を頑張ったという信頼性があります。

    採用する側は「有名大学出身だから間違えない」と考えて、高学歴者を採用しやすくなります。

    あわせて読みたい
    大学職員に向いてる人の特徴4選!求められる能力・必要な能力も紹介
    大学職員に向いてる人の特徴4選!求められる能力・必要な能力も紹介

    一方で、「リーダーシップ」や「発想力」など革新的な能力はあまり求められない傾向にあります。

    私立大学と国立大学の学歴フィルターの違い

    学歴フィルターに関しては、私立大学より国立大学のほうが緩いです。

    私立大学は採用倍率が高く、高学歴有利

    私立大学の人気校は数名の募集に数千人の応募があるため、非常に採用倍率が高いです。

    全員の履歴書を見て、面接を行うのは困難なため、ある程度の学歴フィルターはあると考えるべきです。

    採用条件を「大卒以上」としている場合も多く、高卒や専門学校卒は対象外かもしれません。また、偏差値の高くない学校の出身である場合、書類選考を通過できない可能性も高いです。

    一方で、大学が求めるスキルを履歴書に記載すれば、学歴フィルターを通過できることがあります。

    求められるスキルの例
    • 「ITパスポート」等、大学の求める専門的なスキルがある
    • 海外の留学経験、3ヶ国語を操れるなど語学力がある。
    • 運動部出身で、フットワーク・体力は誰にも負けない。

    MARCH未満の学歴で採用されている人は、英語力やPCスキル、運動部での実績がある人がほとんどです。

    学歴で選考に通らないという場合、契約社員として就職し、勤務実績をアピールして正社員への登用を狙うのもアリです。

    あわせて読みたい
    大学の事務職員は狭き門|契約社員から正社員登用ならチャンスあり!
    大学の事務職員は狭き門|契約社員から正社員登用ならチャンスあり!

    国立大学は高卒・専門学校卒もチャンスあり

    国立大学法人採用統一試験は学歴の制限を設けておらず、高卒・専門学校卒の方もチャンスがあります。

    私立大学と違い、面接に挑む前に落とされる「学歴フィルター」はありません。

    3.受験資格
    平成4年(1992年)4月2日以降に生まれた者
    ※ 長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、上記の方を募集します(雇用対策法施行規則第1条の3第1項3号のイ)。

    2004年3月まで国立大学の職員は「国家公務員」で、当時は高卒・専門学校卒で採用されている人が多いです。そんな、年配職員の中には高学歴化をよく思っていない人もいます。

    年配職員に好かれるのは、「体育会系」の人間です。

    • 先輩からの誘いは断らない
    • 飲み会では率先してお酌をする
    • 休日のスポーツ大会で懇親を深める

    体育会系で元気な姿勢を見せることがアピールになる相手もいることは覚えておいたほうがいいでしょう。大卒の人よりも年齢が若いのなら、なおさらアピールポイントになります。

    実際に、毎年数人、高卒・専門学校卒で採用される職員がいます。

    採用には「学歴」が重視されるが、昇進には「実績」

    難易度

    採用時には「学歴」が重視されますが、昇進時にはあまり「学歴」は関係ないです。

    出身大学で学閥ができるような傾向や、学歴フィルターもありません。

    仕事を適切に、迅速に行なえる人が評価され、昇進する環境と言っていいでしょう。

    コツコツと頑張って、実績を重ねれば高学歴の同期より早く昇進が可能です。

    あわせて読みたい
    【現役職員が解説】国立大学職員の昇給額は年平均5,000円〜1万円
    【現役職員が解説】国立大学職員の昇給額は年平均5,000円〜1万円

    まとめ:高学歴でなくてもチャンスあり

    大学職員と学歴の関係について解説してきました。

    大学職員に採用されるためには「高学歴」が有利なことは間違いありません。

    一方で、学歴フィルターがあるのは私立大学の新卒採用くらいで、中途採用や国立大学は職歴次第で高卒でもチャレンジできます。

    また、契約社員からの登用を狙うという方法もあります。

    転職を考えている方は、以下のサイトの登録から始めましょう

    オススメの転職サイトや、大学職員の仕事については他の記事でも紹介していますので、参考にしてみてください。

    あわせて読みたい
    大学職員の仕事はつまらない?楽しい?暇?ストレス?事務仕事の実態
    大学職員の仕事はつまらない?楽しい?暇?ストレス?事務仕事の実態
    あわせて読みたい
    大学職員の面接対策!「有効な逆質問」と最終面接でされた質問
    大学職員の面接対策!「有効な逆質問」と最終面接でされた質問
    ABOUT ME
    ダイマナ
    ダイマナ
    現役アラサー国立大学職員
  • 平成元年生まれの30代、千葉県出身
  • 現役大学職員(大学職員歴:6年)
  • 大学では、教務・研究支援の業務を担当
  • ゆるふわ大学職員になろう
  • 教務.com管理人
  • 記事URLをコピーしました