給料・待遇

大学職員はホワイトな職場環境!年間休日が多く残業が少ない穴場の職業

空を見上げる男性
kobataka1

大学職員はホワイトな職場環境と言われます。

実際に、筆者は民間企業から国立大学職員に転職しましたが、年間休日が多く、残業が少ない「ホワイトな職場」だと感じました。

本記事の結論
  • 大学職員がホワイトと言われる理由は「パワハラが少ない」「ノルマがほとんどない」「長時間労働になりづらい」「年間休日数が多い」「安定昇給、高年収」
  • 国立大学職員は安定性、私立大学職員は給与の高さが魅力的なホワイト職場

本記事では、大学職員が「ホワイトな職場」だと感じた具体的な内容を紹介していきます。

ダイマナ
ダイマナ
現役アラサー国立大学職員
Profile
  • 平成元年生まれの30代、千葉県出身
  • 現役大学職員(大学職員歴:6年)
  • 大学では、教務・研究支援の業務を担当
  • ゆるふわ大学職員になろう
  • 教務.com管理人
  • プロフィールを読む
    あわせて読みたい
    国立大学法人の職員・教授の退職金の平均額はいくら?計算方法を解説
    国立大学法人の職員・教授の退職金の平均額はいくら?計算方法を解説

    大学職員はホワイト職場?ブラック企業の特徴はない

    大学で働く人

    ホワイト企業は、ブラック企業の対義語として使われ、福利厚生が整った、働きやすい企業」のことをいいます。

    大学は企業ではないので、「ホワイト企業」ではなく、「ホワイト職場」と表現します。

    ブラック企業の特徴として挙げられるのが以下5つです。

    【ブラック企業の特徴】

    • パワハラで精神的に追い込む
    • 常識を超えたノルマを課す
    • 長時間労働・サービス残業を強いる
    • 休日日数が少なく、有給休暇も取得できない
    • 賃金が著しく低く、昇給しない

    ブラック企業の特徴と「大学職員の仕事」を照らし合わせて、職場環境を紹介していきます。

    パワハラはほとんどないが、ストレスを溜める職員はいる

    つまらない

    ブラック企業でよく聞くような「朝礼での恫喝」「人間性を否定する」という話を大学職員内で聞いたことはありません。

    ただし、「何をしても怒られない」わけではなく、組織内で行われる指導はあります。

    ミスをした職員が叱責されたり、能力が足りない職員が他部署に異動になったりと、大学組織を適切に運営するための人事は行われています。

    感情的な指導が「ハラスメント」になると理解している人が多いので、あまり注意は行わず、然るべきタイミングで異動させるなどということがよく行われます。

    「パワハラはないけど、上司がどう思っているかわからない」と怯えて、ストレスを溜めている若手職員もいます。

    業務ノルマは基本的にない。

    指導する男性

    大学職員は事務職なので、月の売上金額などの業務ノルマはありません。業務ノルマで上司に詰められることはないので、安心です。

    学部として「志願者数」や「研究費の獲得金額」の目標が掲げられることがありますが、多くは事務職員ではなく、教員が達成するべき目標になります。

    事務職員は大学の目標が達成できるよう、「ホームページの更新」や「申請書類のチェック」を行うのがメインの仕事内容です。

    個人の目標設定を行い、評価を行いますが、数字を伴わない抽象的な目標がほとんどです。

    業務ノルマがないために、やりがいを感じられないと考える人もいます。

    長時間労働はあっても、サービス残業はなし

    作業する職員

    大学は公的機関であるため、コンプライアンス遵守に厳しいです。

    長時間労働になることはあっても、法令違反のサービス残業はないと思っていいでしょう。

    部署にもよりますが、毎日定時で帰れるとは思わないほうがいいです。残業で業務を行う一例として、以下の業務があります。

    • 定時間近での教員・学生からの問い合わせ
    • 決算や入試など、季節的な業務量増加
    • 日中の窓口対応が終わった後の残務処理

    平均すると月20時間くらい残業をしている状況です。17時30分が定時なので、毎日1時間程度の残業で、20時頃までは毎日誰かしら残業をしているイメージです。

    繁忙期になると100時間近い残業をしている部署もあります。入試や決算などでは21時まで職場にいるのは当たり前です。中には日を跨いで職場にいる人もいます。

    ただ、労務管理はしっかりしているので、繁忙期でもないのに残業が多い職員には注意が入りますし、繁忙期でなければほとんど残業なしで帰れる部署もあります。

    年間休日はカレンダー通り、有給休暇の取得も推奨

    飛び跳ねる女性

    年間休日はカレンダー通りで大手企業・公務員並に多いです。年末年始も1週間程度の休みがあります。

    さらに、リフレッシュのための特別休暇を年間3日取得でき、年末年始や夏休みに年次有給休暇を組み合わせて10日間近い連休にする人もいます。

    有給休暇の年間5日取得が義務化されたこともあり、大学としては積極的な休暇取得とワークライフバランスを取って、働くことを推奨しています。

    実際の年休消化率は特段高くはなく、50%程度だと思います。

    入試やオープンキャンパスで、休日出勤することはありますが、振替休日の取得や休日出勤の手当で適切に労務処理は行われます。

    【参考】

    2〜3月は入試や決算などがあり、繁忙期となります。入試は繁忙期に行われるため、振替休日を自主的に取得しない職員も多いです。

    振替休日を取得しないことを強いられることはありませんが、業務量が多いから休めない・・・という状況ですね。

    給料は平均以上、昇給も安定して行われる

    給料

    多くの大学はブラック企業のような、劣悪な賃金体系ではありません。

    国立大学職員は、国家公務員の給与体系に基づいているため、平均以上の給与水準です。

    私立大学職員は、大学の規模にもよりますが、定員割れしていない大学であれば、平均以上の給与水準と言えるでしょう。

    誰もが知る有名私立大学は30代でも年収1000万円超えなど高水準の給与体系です。

    ノルマがない仕事で平均以上の給与水準となれば、ホワイト職場といっていいでしょう。

    国立大学と私立大学、どっちがホワイト?

    考える男女

    大学職員という職場の特徴を考えると「ホワイト職場」と言えるでしょう。

    国立大学・私立大学で比較すると、仕事面では「国立大学」、給与面では「私立大学」がよりホワイトだといえます。

    利益の追求がない「国立大学」

    仕事の楽さという面では、国立大学のほうが「ホワイト」です。

    国立大学職員には、利益の追求が求められないからです。

    大学の方針に伴い、業務の変化はあるものの、定型的な業務が圧倒的に多いのが国立大学の仕事です。利益を追求する必要がないため、そこまでキツイ仕事がありません。

    一方で、ルーチンワークの仕事を「つまらない」と思う人は多いです。

    高年収が狙える「私立大学」

    給与・待遇面では、私立大学のほうが「ホワイト」です。

    私立大学教員は国立大学教員より高年収で、事務職員の給与も高年収になりやすいです。

    私立大学は受験料・授業料収入を増やしたいため、国立大学よりも優秀な職員の採用に力を入れています。

    一方で、土日の出勤は私立大学のほうが多いです。シフト制で土曜日の半日勤務がある大学も多く、私立大学の入試部署では毎週末に地方の説明会を行っているケースもあります。

    大学がホワイト職場になる理由は「参入障壁」

    図書

    大学職員の仕事がホワイトになりやすいのは、参入障壁の高い「独占的な業務」を行っているからです。

    世界中に大学はたくさんありますが、急激に大学の数が増えることはありません。

    日本でも文部科学省の認可を受けて、大学が新たに設置されることはありますが、歴史ある大学の価値はゆるぎません。

    隣に安くて美味い競合店ができると、経営が傾いてしまうのが飲食店ですが、大学ではそのような心配がありません。

    独占的な業務を行っており、競合が増えづらい大学は価格競争に巻き込まれることなく、職員を劣悪な環境で働かせる必要がありません。

    また、国立大学は利益を最優先にした機関でもないため、独立性が保たれます。

    実際に、ホワイト企業と言われるのは「インフラ業界」「化学業界」「海運業界」「地方公務員」など、競合他社が増えにくい業界です。

    安定したホワイト業界で働きたい方にとっては大学職員はオススメの仕事です。

    まとめ:大学職員はオススメのホワイト職場

    大学職員は、穴場のホワイト仕事です。

    • 業務ノルマがない
    • 年間休日が多い
    • 残業が少なく、給料が安定している

    ホワイトな仕事ですが、必ずしも楽な仕事ではないので注意が必要です。

    特に、大学職員が相手する「教員」は夜型のことが多く、先生の要求に迅速に答えるとなると夜遅くまでの業務が必要になります。

    大学職員は近年、人気の仕事となっていますので、転職を考えている方は転職サイトでの情報収集がら始めるといいでしょう。

    あわせて読みたい
    【現役職員が解説】国立大学職員の昇給額は年平均5,000円〜1万円
    【現役職員が解説】国立大学職員の昇給額は年平均5,000円〜1万円
    あわせて読みたい
    大学職員に向いてる人の特徴4選!求められる能力・必要な能力も紹介
    大学職員に向いてる人の特徴4選!求められる能力・必要な能力も紹介
    ABOUT ME
    ダイマナ
    ダイマナ
    現役アラサー国立大学職員
  • 平成元年生まれの30代、千葉県出身
  • 現役大学職員(大学職員歴:6年)
  • 大学では、教務・研究支援の業務を担当
  • ゆるふわ大学職員になろう
  • 教務.com管理人
  • 記事URLをコピーしました