給料・待遇

【現役職員が解説】国立大学職員の毎年の昇給額は平均5,000円〜1万円

東京大学 俸給表
  • 国立大学事務職員の毎年の昇給額が知りたい
  • 国立大学職員の給与体系が国家公務員と一緒って本当?

国立大学職員は毎年、基本給の定期昇給があります。

具体的には、毎年5,000円〜1万円ほどの昇給が行われています。

国立大学職員はかつて「国家公務員」でした。その名残で、現在も給与体系・昇給制度は国家公務員の制度に準じています。

国立大学職員の「昇給額の算定方法」と「給料に差がつくタイミング」について、民間企業と比較しながら、解説します!

筆者が民間企業にいた頃は、数年に1回の職位が上がったときの昇給のみだったのですが、国立大学職員は安定的に昇給していきます。

ダイマナのプロフィール
ダイマナ
  • 平成元年生まれの30代、千葉県出身
  • 現役大学職員(大学職員歴:6年)
  • 大学では、教務・研究支援の業務を担当
  • 民間企業での勤務経験・転職経験もあり
  • 学生時代、大学職員の存在を知らなかった

大学職員に向いてる人の特徴4選!「教員・学生のサポート」が主な仕事

国立大学職員の昇給額は毎年5,000円〜1万円

国立大学職員の毎年の昇給額は毎年5,000円〜1万円程度です。

実際に筆者の基本給額の推移は以下の通りです。(民間企業での勤務経験がある中途採用のため、新卒よりは高い水準にあります。)

1年目(25歳) 198,600円
2年目(26歳) 209,400円(昇給額:10,800円)
3年目(27歳) 217,100円(昇給額:7,700円)
4年目(28歳) 229,700円(昇給額:12,600円)
5年目(29歳) 236,900円(昇給額:7,200円)
6年目(30歳) 241,900円(昇給額:5,000円)
7年目(31歳) 248,900円(昇給額:7,000円)

筆者の昇給額は、5,000円〜12,600円で推移しています。

平均昇給額の5,000円〜1万円を上回っているのには以下の理由があります。

  • 20代など若手は昇給額が高くなりやすい
  • 高評価の査定を受けた
  • 職位が上がると、大幅に昇給する

1万円以上の昇給があったのは、高評価を受けた時と職位が上がったときです。

また、30代以上になると昇給額が低くなり、5,000円以下になることもあります。

高評価や昇進が絡むと昇給額1万円以上。普通の年だと昇給額5,000円程度と思っていただければよいでしょう。

空を見上げる男性
【現役職員が解説】大学がホワイトな職場環境になる理由は「参入障壁」大学職員は「ホワイト」な職場だと言われます。そのとおりだと思いますが、残業や休日出勤が必要なこともあります。個人で仕事を管理して仕事ができるのが魅力ですが、業務過多になった時にも「チームで仕事をする」という文化はありません。...

国立大学職員の昇給制度の内容

国立大学職員の昇給は、国家公務員時代の給与体系に基づいて行われています。

なお、国家公務員の給与算定基準に基づいているものの、国家公務員と同様の給与額が支払われているわけではありません。

東京大学のホームページに掲載されている「東京大学の給与規則」を抜粋したのが下の表です。

東京大学 俸給表

【参考】東京大学 給与規則

「俸給表」という給与表が「給与規程」で定めれらており、「職務の級」と「号俸」で基本給が決まります。

  • 職務の級・・・係員、主任、係長、課長など役職ごとに上がる
  • 号俸・・・毎年、査定により上がる

「職務の級」は数年に一度、「昇進」によって上がります。

一方で、号俸は毎年上がり、号俸があがることが「昇給」にあたります。

規程によりますが、通常の評価で「4」、最高評価で「8」号俸が上がります。

号俸が低い時は1号俸で2,000円以上昇給することもありますが、号俸が高いときには、1号俸で数百円程度になります。

東京大学 俸給表
【参考】東京大学 給与規則

大学職員の給料は毎年昇給しますが、「昇進」が伴わないと、昇給額が少なくなるという特徴があります。

給料に差がつくのは35歳以降

お金を持つ男

国立大学職員の給与体系だと、若い頃に給与額に差がつきにくいです。

若手社員で高評価を得るほどのアピールをするのは難しいので、多くは「良い」という平均的な評価になります。

筆者が運良く「高評価」をとったのも1回だけです。上司の「お気に入り」でもない限り、差がつきにくいです。

10年の勤務で1番差がついても、月額2万円くらいでしょうか。「使えない社員」と「エリート社員」の差が月給2万円分です。

しばらくは給与差がつきにくいものの、35歳以上になると「昇進」が絡んできます。

役職があると手当がつきますし、給与算定の「職位」が変わります。先に昇進すれば3万円程度の差をつけることも可能です。

一方で、月額3万円程度であれば、扶養手当や住居手当、残業手当で埋まってしまうような差なので、頑張って出世した社員からすると「納得いかない」給与体系なのかもしれません。

お金を持つ男
国立大学事務職員の平均年収は低い?現役職員が給与月額・賞与額を公開!大学職員の給料・平均年収はあまり公開されていません。私立大学はそれぞれ異なりますが、国立大学では基準に則って給与が定められています。一例として、30歳関東国立大学職員の年収は約500万円、月給33万円、半年賞与48万円程度です。...

私立大学職員であれば、昇給額に差が付きやすいです。

【大学職員】私立・公立・国立 それぞれのメリット・デメリット

まとめ:国立大学職員の給与は安定昇給

国立大学職員の昇給額について解説してきました。

毎年5,000円〜1万円程度で安定昇給するのが、国立大学の給与体系の魅力です。

一方で、インセンティブ給などがないため、大幅な年収アップを望むのは難しいです。

福利厚生も充実しているため、非常にいい仕事だと思います。就職・転職するのに特別なスキルも必要ありません。

近年では、不安定な民間企業から転職する人も多くいますので、多くの人にチャンスがあります。

30歳以上の社会人枠や非正規からの正社員登用も頻繁に行われています。

他にも、民間企業との違いやオススメの転職サイトなどを紹介しているため、ぜひ他の記事も参考にしてみてください。

辞めておいたほうがいい
大学職員はやめとけ?民間企業から転職して思うメリット・デメリット「大学職員はやめとけ」といわれる理由は「将来性のなさ」「スキルがつかない」という業界の特徴からです。一方で、大学職員にはメリットも大きいです。「仕事が楽」「定期昇給で安定」「人間関係の不安がほとんどない」のが大学職員の良いところです。...
退職金・給料
【現役職員が解説】国立大学職員・教授の退職金の平均額はいくら?40年間勤めた国立大学職員の退職金の金額は約2000万円、35年間勤めた国立大学教授の退職金の金額は約3000万円になります。「基本給月額×勤続年数+α」が基本的な退職金の算定方法になります。実際に、あなたの退職金がいくらになるかは人事部に聞くのが間違えありません。...
無料のコンピテンシー診断の「ミイダス」

自己分析・面接対策には人材関連会社のパーソル提供の
ミイダス」がオススメ!

自分の強みをしっかり理解することで、自信を持って転職活動を行えます。
無料の自己診断でライバルに差をつけましょう!