給料・待遇

大学職員は福利厚生が充実!退職金は共済組合で積み立てられるから安心

福利厚生 退職金
こじろう
こじろう
国立大学職員のこじろうです!

就職先の平均年収や給与についても気になりますが、最近は福利厚生を重視して仕事を選ぶという人も多いです。

本記事では、現役国立大学職員こじろうが、大学職員の福利厚生の実態をお伝えします。下記の疑問を解決します。

・大学職員の福利厚生ってぶっちゃけいい?→高待遇といっていいでしょう。


・具体的にどんな福利厚生がある?図書館などの大学の施設が利用できます。


・退職金は多い?→平均以上の退職金はもらえると思います。

大学職員の福利厚生は魅力的だと思います!実際に職員として感じる、魅力的な大学職員の福利厚生について紹介します。

大学職員はホワイトな仕事環境!ノルマはないが残業・休日出勤はある!大学職員は「ホワイト」な職場だと言われます。そのとおりだと思いますが、残業や休日出勤が必要なこともあります。個人で仕事を管理して仕事ができるのが魅力ですが、業務過多になった時にも「チームで仕事をする」という文化はありません。...

給与の高い教員に準じるため高待遇な福利厚生

転職活動中
転職活動中
大学の職員は大きな組織だから、福利厚生も充実してそう!
国立大学職員
国立大学職員
福利厚生は充実している方だと思うけど、健康保険組合の大手民間企業のほうが手厚いね!

一般企業にも通じたことですが、構成員が多く、納められる社会保険料が多いほど福利厚生は高待遇になります。

例えば、大企業のトヨタやNTTが中心となっている健康保険組合は福利厚生が充実しています。

大学も同様で、教授を始めとして構成員の給料が高いですから、納める社会保険料も高額なります。収入が大きい健康保険組合は福利厚生が幅広く、充実しています。

教員が多く支払っている保険料の恩恵を職員も受けられるから、ありがたいですね(給料も教授くらい高くなれば、ありがたいですが・・・笑)

大学職員の平均年収は?現役国立大学職員が給与月額・賞与額を公開!大学職員の給料・平均年収はあまり公開されていません。私立大学はそれぞれ異なりますが、国立大学では基準に則って給与が定められています。一例として、30歳関東国立大学職員の年収は約500万円、月給33万円、半年賞与48万円程度です。...

ちなみに、国立大学の教職員は「文部科学省共済組合」という、文部科学省と同様の共済組合(健康保険)に加入しています。

国家公務員と同様ですから、手厚い待遇だと思われています。ただ「税金を原資とする国家公務員の福利厚生」が充実していることには批判もあり、保養所の閉鎖や一般的な民間企業並みの厚生サービスにするよう、改悪されつつあります。

ちなみに、僕は大手企業から国立大学に転職したのですが、大手企業の健康保険組合のほうが待遇が良かったです。
(健康診断の内容が充実、予防薬をもらえる制度、定期歯科健診などが民間企業の保険組合にはありました。コロナの影響で保険組合の財務状況が厳しいとは聞きますので、2020年以降の状況は比較できませんが。)

文部科学省共済では、最低限の健康診断しかありませんでした。(健康保険組合というより、大学の財政状況の問題かもしれません)

無能・仕事がつまらない
【全て本当です】大学職員の仕事はつまらない? ストレスでうつになる? 楽?大学職員の仕事を調べていると「つまらない」「うつ」「ストレス」「ホワイト」など様々な情報を目にします。5年間国立大学職員として働いていますが、どれも本当だと思います。実際に、うつ病で休職している人もいますし、ホワイトで最高!と言っている同僚もいます。...

体育館、図書館を利用可能!wi-fiが利用できるのも嬉しい

大学ならではの福利厚生もあります!それは充実した施設です。

ルール内ではありますが、大学の施設を利用することができるのは大きなメリットです。

魅力的なものでいえば、「図書館」と「体育施設」ですね。

図書館を利用でき、本を借りられる

図書館

職員証で図書館に入ることができます。図書館で勉強、新聞の閲覧、本を借りることもできます。仕事終わりにそのまま、試験勉強などをしている人もいます。

グラウンド、体育館、プールが使えることも!

一部体育施設は職員も利用することができます。大学によっては昼休みにグラウンドが職員開放されています。昼休みにサッカーやジムで汗を流す職員もいます。

昼休み以外の時間は「授業」「部活」「サークル」で使われますから、自由に使うことはできませんが、体育施設を使えるのは嬉しいですね!

ちなみに、更衣室やシャワールームが使えることも多く、普通のサラリーマンには想像できない福利厚生の充実ぶりですね!

転職活動中
転職活動中
福利厚生でジムに安く行けることはあるけど、職場にジムがあるなんて素敵!!

施設内のwi-fiが使えるのも地味に嬉しい

大学内はほとんどの場所でWi-Fiがとんでいます。職員のアカウントを使ってスマホをWi-Fiにつなげることができます。

民間企業での普及状況についてはあまり詳しくありませんが、職場で好きにWi-Fiが使えるところはそんなに多くないのではないかと思います。

少なくても社員数人の営業所などでは、IT系の企業でもない限り、公衆LANは使われていないと思います。

テレワーク
大学職員のテレワーク・リモートワークは少ない。環境は整いつつあるが・・大学は文部科学省の要請で「教育・研究機関」として組織されているため、国の要請に沿って「在宅勤務」「テレワーク」が行われています。一方で、実験や実習で大学に学生が集っている以上は多くの職員は出金しなければならない状態になっています。...

退職金も安定して支払われている

福利厚生の1つとして考えられるものに「退職金」があります。

それぞれの大学で退職金共済制度が運用されています。勤続中の給与の一部を「退職金掛金」として積み立てておき、退職時に共済組合から支払われるというものです。

中小企業では「共済組合」によるものではなく、会社の資金を切り崩して支払われるものもあるようで、業績が悪化すると退職金が支払われないこともあります。

それに比べると、共済組合で運用しているので安心できます。

国立大学職員
国立大学職員
退職金が支払われないということはないと思うけど、多額の支払いは期待できないかな。

資産運用で支払額が高くなることはほとんどなく、一般企業並みの退職金が支払われるということです。また、今後は国からの交付金が減っており、学生数も少なくなっていくことから、退職金額の縮小もやむをえない状況になるでしょう。

退職金・給料
国立大学職員・教授の退職金の平均額はいくら?【2022年現役職員が伝える】40年間勤めた国立大学職員の退職金の金額は約2000万円、35年間勤めた国立大学教授の退職金の金額は約3000万円になります。「基本給月額×勤続年数+α」が基本的な退職金の算定方法になります。実際に、あなたの退職金がいくらになるかは人事部に聞くのが間違えありません。...

まとめ

大学職員の福利厚生は充実していると言っていいでしょう。

特に、
「運動をする人にとって、職場内に運動スペースを得られること」
「勉強をする人にとって、職場内の図書館を利用できること」

は大きなメリットになります。他の企業にはほとんどないでしょう。

大学職員の福利厚生に魅力を感じた方は就職活動を考えてみてはいかがでしょうか。

大学職員の給料・待遇は平均より高め。ホワイトな職場環境のことが多い大学職員の仕事はホワイトな職場で、給料も「そこそこ」というイメージを持たれているようです。給与や待遇、仕事への評判など、私が働いていてわ...
大学職員 面接
大学職員採用試験の面接対策!逆質問の回答は?法令遵守がポイント 大学職員採用試験で重要なのが「面接対策」です。 本記事では、現役国立大学職員こじろうが、大学職員の面接対策のポイントをお伝えし...