就職・転職

大学職員が知っておいたほうがいい用語を紹介【大学生は知らないことも多い】

大学

大学に通ったことがある人は「自分は大学についてよく知っている」と考えていると思います。

しかし、教職員でなければ中々聞かない用語もあるので紹介します。

実際に、ここで紹介する用語は私が大学職員に入職するまでは知らなかった言葉です。知っていれば、他の就活生に差をつけられるかもしれません!

大学職員の仕事内容は「大学運営に関わる教員・学生のサポート」大学職員の仕事は一言でいえば「教員・学生のサポート」です。教員が研究・授業を滞りなく行えるように、学生が勉強・学生生活をするためのサポー...

研究費

かつて大学教員には莫大な研究費が配分されていました。国際的な競争力のために、予算が組まれていた時代です。

それが2000年前後から状況が変わります。予算は限られているので、民間企業と協力したり、自ら研究助成の公募に応募したりして、お金を獲得してくる必要がでてきました。

年間数百万円あった研究費が、20万円ほどまでに減っているという話も聞きます。

運営費交付金

かつて、国から支出された大学が運営するための資金です。この中から、大学教員に配分される研究費が賄われます。

国からの交付金が減りますが、人件費を減らすのには限界があります。そこで、教員の研究費が削られるわけです。

科学研究費補助金

運営費交付金が削られる代わりに国が支出を増やした項目です。

大学教員は定額で配分される研究費が減ったため、なんとしても科学研究費補助金を獲得せねばなりません。

採択率は約30%、採択されるためには国や国民の社会生活を向上させるための研究を行うために研究費が必要だと申請書を作成する必要があります。

受託研究費・共同研究費

科学研究費補助金は国が予算を組んでいる研究費ですが、こちらも減額傾向があります。

そのため、大学は民間企業などからお金を獲得してくることにも力を入れています。

受託研究は企業などからある試験等を委託されて、大学が研究を行います。

例えば、ある食品の健康への影響を食品メーカーが大学に委託するなどです。これで、企業が委託費を支払います。

共同研究は企業と大学がお互いの研究者と研究施設などを使って研究を行うものです。

先程の例で言えば、食品メーカーと大学がお互いに研究員等を提供することになります。

論文

大学教員の評価を決める1つに研究費の獲得があります。

もう1つの重要な評価項目が、執筆論文の質と量です。社会的影響力の大きい論文をたくさん書くことが大学教員には求められます。

インパクトファクター(=IF)

論文の質を決める1つの指標がインパクトファクターと呼ばれる指標です。これは論文が掲載された雑誌ごとに数字があります。

その雑誌が1年間で平均何回、引用されたかを示す数字になります。

インパクトファクターの高い雑誌への投稿が多ければ、社会的影響力も高く、素晴らしい研究をしている教員と評価されます。

トップ10%論文

インパクトファクターは雑誌のレベルを示すものになります。一方で、論文ごとにも評価されるレベルがあります。

同分野の中で引用された回数を比べるものです。

その中で上位10%に入るものがトップ10%論文と呼ばれています。インパクトファクターは分野ごとに引用されやすさが異なるため、トップ10%論文で評価したほうが分野差がでないと言われます。

トップ10%論文を多く書いている研究者はその分野で優秀な研究者であることがわかります。

ファーストオーサー(筆頭著者)

研究者は「履歴書」とともに「業績調書」を作成しています。

どのような研究費を獲得しているか、論文を書いているかを示すものです。

その中で、論文については記載のルールがあります。執筆者・題名・雑誌名・ページ数などを記載します。

複数の執筆者が1つの論文に連ねることが多いですが、その先頭に各執筆者をファーストオーサー(筆頭著者)といいます。その論文について、メインの執筆者となっている人です。これが多いほうがいいです。

一方、コレスポンディングオーサー(責任著者)というものもあります。

実質責任著者とも言われます。大学院生が書いた論文などでは、学生が筆頭著者として論文を書いて、監修した指導教員がコレスポンディングオーサーとなることが多いです。

資格

大学の教員は誰でもなれるわけではありません。基本的には学部等ごとの教授会で資格審査を受ける必要があります。

基本的には履歴書と業績調書での書面審査です。

合(ごう)・○合(まるごう)資格

大学教員が学生を指導するのが「合・○合資格」です。文部科学省が「大学教員が学生を指導(論文指導)する場合には合・○合資格がある場合に限る」としています。

指導教員となれるのが「○合」資格、指導を補助できるのが「合」資格です。

修士の大学院生を指導できて、博士の大学院生の指導を補助できる場合は「前期○合・後期合」資格と表現します。

非常勤講師資格

非常勤講師として登壇する場合も資格の審査がされています。

そもそもあ、大学を設置する際に全ての授業科目および担当教員も文部科学省に届け出ています。

文部科学省に届け出る前に、大学内で資格があることを審査しているわけです。学部の教授会などで、「履歴書・業績調書」などで審査を行います。

会議

大学は文部科学省から設置認可を受けて、教育機関として存在しています。

国からの認可を受けている機関ですので、民主主義のルールに従って議決を行わなければなりません。そのため、多くの会議体があります。

経営会議・財務会議

大学の運営に関する重要事項を決定します。大学も公的機関とはいえ、財務収支があります。財務収支の赤字が続くと倒産もありえます(実際には国からの、再建支援金等が出てすぐに潰れることはないでしょうが)。

財務状況等の重要事項について、学長や理事が検討するのが経営会議です。

教授会

経営会議など、大学全体の会議もありますが、細かなことは各学部や学科ごとに行われます。

学部・学科の教授が構成員となって、学部の運営・方向性を検討します。

大学教員にとっては学部長等にならなければ、経営会議はあまり関係なく、教授会が最も大きな会議になります。

入試委員会・学生委員会

教授会は学部内の全教授が構成員となっていますので、そこで議論をしてもまとまりがつきません。

そこで、教授会は内容に応じて、各委員会などに案を作成してもらい、それを教授会で決定しています。

例えば、入試の方針やオープンキャンパスの計画などは「入試委員会」、サークル活動への支援金や学園祭の運営に関わることが「学生委員会」などです。

各教員が各委員会に参加するので、委員会の所属が多い教員は学内会議だけで、週に3.4回あるという教員もいます。

まとめ

大学教職員ならではの用語を紹介してきました。

全てを覚える必要はありませんが、これらの言葉を知っていて自分なりの意見が言えると「しっかり勉強をしてきているな」という印象を面接官に与えることができると思います。

大学職員になるには?就職・転職に役立つ情報まとめ!難易度は差が大きい!大学職員の仕事に興味をもって、働きたいと思ったらすぐに働けるものなのでしょうか? 5年前に大学職員に中途採用になった筆者が就職・転職のポ...
テレワーク
大学職員のテレワーク・リモートワークは少ない。環境は整いつつあるが・・大学は文部科学省の要請で「教育・研究機関」として組織されているため、国の要請に沿って「在宅勤務」「テレワーク」が行われています。一方で、実験や実習で大学に学生が集っている以上は多くの職員は出金しなければならない状態になっています。...