就職・転職

国立大学職員の筆記試験に受かる勉強法!公務員との併願も可能

筆記テスト
kobataka1
  • 国立大学法人等職員採用試験を受験しようと考えている
  • 国立大学職員の筆記試験に合格したい

国立大学職員の正規職員になるには、国立大学法人等職員統一採用試験を受験し、合格する必要があります(社会人枠や正社員登用を除く)。

事務系の筆記試験の合格倍率は最低でも2倍以上で、勉強をせずに筆記試験を合格するのは至難の業です。最低でも半年程度の勉強期間が必要になります。

本記事では、国立大学法人等職員統一採用試験の筆記試験を突破し、現役国立大学職員の筆者が、筆記試験合格のコツを紹介します。

【合格のポイント】

  • 過去問題の研究
  • 捨てる範囲を決めて勉強する(最低6ヶ月)
ダイマナのプロフィール

  • 平成元年生まれの30代、千葉県出身
  • 現役大学職員(大学職員歴:6年)
  • 大学では、教務・研究支援の業務を担当
  • 民間企業での勤務経験・転職経験もあり
  • 学生時代、大学職員の存在を知らなかった

国立大学法人等職員統一採用試験とは

書類を作成する男性

国立大学法人の職員になる正規ルートは「国立大学法人等職員統一採用試験」に合格し、各大学で行われる面接試験に合格することです。

国立大学法人は、筆記試験(一次試験)を共通で行っています。

令和4年度の試験案内を参考に、基本的な情報をまとめます。

試験区分 事務・図書・各技術(電気・機械・土木・建築・化学・物理等)
受験資格 1992年以降に生まれたもの
試験種別・試験時間 教養試験(120分)
出題数 40問
試験内容 一般知識(20問)、一般知能(20問) ※大学卒業程度の難易度

受験資格は毎年、受験できる生まれ年が1年後になり、30歳になる年度まで受験できると考えれば大丈夫です。

試験内容は大学卒業程度の一般知識問題と一般知能問題で、公務員試験で勉強するものと同じ内容で、公務員と併願する人も多いです。

令和4年度「第一次試験合格発表」

国立大学職員筆記試験合格のポイント

女の子

国立大学職員の筆記試験に合格するポイントは次の2つです。

  • 過去問題で出題傾向を研究する
  • 捨てる範囲を決めて勉強する(最低6ヶ月)

過去問題で出題傾向を研究する

「国立大学法人等職員統一採用試験」の過去問題を一度解いてみると自分の立ち位置がわかります。

五者択一の選択式なので、少なくとも20%くらいは解けると思います。ここで重要なのは「分野」ごとに自分の正解率・得意不得意を把握することです。

筆者の場合は初めて解いたとき、次の状況でした。

  • 知能分野・・・正答率7割
  • 知識分野の人文科学・社会科学・・・正答率5割
  • 知識分野の自然科学・・・正答率0割

この状況から、合格目標の総合で7割に向けてどのような対策をとるかを考えます。

大学職員に向いてる人の特徴4選!求められる能力・必要な能力も紹介

捨てる範囲を決めて勉強する(最低6ヶ月)

過去問題を解いたら、苦手な分野を捨ててしまうのが得策です。7割の正答率があれば、ほぼ合格することができ、筆記試験の正答率が2次試験以降に影響がないからです。

勉強期間は、最低6ヶ月を目安にしましょう。

問題は「知能分野(一般知能)」と「知識分野(一般知識)」に分かれます。

知能分野(一般知能)は満点を目指す

知能分野で出題されるのは次の範囲です。

  • 文章を読んで理解する問題
  • 資料の解釈をためす問題
  • 判断推理という論理的思考力をためす問題
  • 古文・漢文・英文

知能分野は試験時間の大半を使って、満点を目指すのが基本です。

「文章問題」「資料解釈」は大学を卒業している人であれば、時間をかければ解ける問題です。

「判断推理や数的処理」という分野は数学が苦手な人は難しいかもしれません。しかし、解き方のコツがあるので、何度も問題を解けば満点が目指せます。
(判断推理・数的処理に特化した問題集も多く出ています。)

「古文・漢文」に関しては、理系でほとんど勉強して来なかった、「英語」が大の苦手という人には厳しいかもしれません。

苦手という人は1・2問の出題のことが多いので、思い切って捨てましょう。対策を全くせずに本番は勘で答えましょう。

捨てる分野以外は満点を目指しましょう!筆者は文系大学の出身で、数学も得意だったので、9割は正解できたと思います。

苦手だと思っていても、毎日問題を解いていればできるようになってきます。

知識分野(一般知識)は捨てる部分を決める

知識分野は範囲が広いのが特徴です。高校までで学習する範囲が基本とはいえ、受験勉強に使わなかった科目もあるはずです。

さらに、一般的な事項というよりはしっかり勉強していないと解けない問題が出されます。

  • 人文科学・・・地理、歴史、倫理
  • 社会科学・・・公民、現代社会
  • 自然科学・・・物理、化学、生物、地学、数学

筆者が大学受験で使ったの「世界史・現代社会・地学・数学」は知識があります。

一方で、「日本史・物理・化学・生物」などはほとんど覚えていません。

筆者が決めた対応は以下のとおりです。

  • 人文科学・社会科学→参考書で対策
  • 自然科学→全く勉強せず、捨てる

過去に勉強したことがあるものなら、記憶をたどることができますが、物理や化学を0から覚えるのは正直キツイです。

自然科学の分野で正答率が2割でも、他で8割以上正解できていれば総合では合格できます!

勇気を持って「捨てる」ということが重要です。

まとめ:筆記試験は7割とれる戦略をたてよう。

国立大学職員の筆記試験対策について、解説してきました。

公務員試験と同様、時間をかけた対策が必要ですが、過去問を確認すれば自分にあった効率のよい対策ができます。

筆記試験は合格ラインを1点でも超えることが大事なので、「捨てる」勇気を持って対策をしましょう!

ちなみに、この対策法は「公務員試験」でも推奨されています。「公務員試験対策」の書籍はたくさん出ているので、公務員関連の本を立ち読みしてみるのもいいと思います。

大学職員のES(エントリーシート)・履歴書の書き方!志望動機の例文も

【大学職員への転職】中途採用と新卒で戦略を変える!事務職員のアピールポイント

ABOUT ME
ダイマナ
ダイマナ
現役アラサー国立大学職員
  • 平成元年生まれの30代、千葉県出身
  • 現役大学職員(大学職員歴:6年)
  • 大学では、教務・研究支援の業務を担当
  • ゆるふわ大学職員になろう
  • 教務.com管理人
  • 記事URLをコピーしました