仕事内容

大学職員の職種は「事務が8割」「技術が1割」「図書が1割」。

大学職員の仕事は「学生・教員のサポート」がメインですが、具体的にどんな職種があるのか紹介します。

大半は「事務職」になるのですが、その他の職種として「技術職」と「図書職」があります。
この分類は多くの国立大学・公立大学の分類ですので、大学によっては技術職員の仕事を全てか外注していたり、事務職員が図書職員の仕事をやっていることもあります。

事務職員の仕事

大学職員の8割が事務職員です。大学の学務部の受付にいるのは「事務職員」です。

事務職員の主な仕事は下記の3種類に分かれます。
・教職員の就業ルールへの遵守を担当する「総務・人事担当」
・収入、支払いの処理を行う「会計担当」
・教室の管理や学生サポートを行う「学務担当」

僕は事務職員として勤務していますので、実態がわかりますので、細かい業務内容は別の記事でまとめます。

大学職員の仕事内容は「大学運営に関わる教員・学生のサポート」大学職員の仕事は一言でいえば「教員・学生のサポート」です。教員が研究・授業を滞りなく行えるように、学生が勉強・学生生活をするためのサポー...

技術職員の仕事

事務職の他に専門的な技術をもった職員が大学職員の中で1割ほどいます。技術職員は大学の施設維持のための「設備関係」のための職員と実験・授業をサポートする「研究系」の職員に分かれます。

大学院での修士号の取得など、専門的な資格を有していることを採用の要件としていることがほとんどです。

設備関係の職員

大学は広大なキャンパスを持ちますので、適切な施設管理を行って、安全・安心な場所として維持することが必要です。設備関係の職員には下記のような種別があります。大規模な工事は外注を行いますが、大学内に専門的な知識をもった職員を雇用しています。

・土木系・・・長い歴史あるキャンパスは補修・建て替えが必要になる建物も多いです。
・電気系・・・土木系と同じく、建物を建て替える際に必要な電気系統の知識も必要になります。
・情報系・・・情報セキュリティを推進し、大学内に不正なアクセスがないように管理を行います。

大学は公的な機密情報を多く扱っているということもあり、工事等も含めて全てを外注することができません。内部に技術者を雇用して、できることは大学内部で行うということになっています。(私立大学では全てを外注している場合も多いようです。)

実験関係の仕事

理系の学部に配属される技術系職員もいます。授業や実験は大学教員が行いますが、危険な実験薬剤を使ったり、1人の教員では全体の学生実験の管理をできないことも多く、技術職員がサポートします。

・機械系・・・工学部で扱う工具の使い方の指導や授業のサポートを行います。
・生物系・・・遺伝子組み換え実験など際に、授業のサポートをします。また、化学物質の適切な管理、実験室の管理を行います。

実験関係の技術職員は基本的には学部や特定の研究室で勤務しています。学部や先生の指示で、授業サポートなどを行っています。あくまで技術職員ですから、施設管理・安全な研究室の維持を目指しており、教員が行うような授業や研究で成果を上げることは求められていません。

図書職員の仕事

大学図書館で仕事をする「図書系職員」もいます。大学職員全体の1割位です。大学によっては「事務職」の枠で雇用し、図書館勤務を命じられる場合もあるようです。

図書の発注や契約、在荷図書の管理、窓口対応を行います。図書館での仕事は「司書」という資格が必要で、司書資格所有者を採用しています。

近年では、アクティブラーニングスペースとしての図書館の価値向上が注目されています。図書館で市民向けの公開講座を行っている大学も多いです。

図書の契約や管理など、ルーチン業務が多い図書職員ですが、利用者が増えるための施策を提案するなどクリエイティブなことも今後は求められるかもしれません。