給料・待遇

大学職員で在宅勤務で行える仕事は少ない。テレワークの環境はある

  • 大学職員で在宅勤務の求人はある?
  • 大学職員はテレワーク・リモートワークを行っているか知りたい

大学職員で、在宅勤務・リモートワークを中心に仕事を行っている人は少ないです。

新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が推進されましたが、若者は重症化リスクが低いことがわかりました。2022年以降は多くの大学で従来の対面型授業中心に授業形態を戻しています。

学生が大学で勉強・サークル活動等を行っているので、大学職員も基本的には「出勤」が基本になっています。

したがって、在宅勤務中心の大学職員の求人はほとんどありません。その他、大学職員の在宅勤務・リモートワークの実施状況を解説していきます。

ダイマナのプロフィール
ダイマナ
  • 平成元年生まれの30代、千葉県出身
  • 現役大学職員(大学職員歴:6年)
  • 大学では、教務・研究支援の業務を担当
  • 民間企業での勤務経験・転職経験もあり
  • 学生時代、大学職員の存在を知らなかった
大学構内
大学職員の仕事内容は大学運営に関わる事務。学生対応以外の仕事も多い大学職員の仕事内容は大学運営に関する事務全般で、学生対応以外の仕事も多いです。総務・人事や、財務・会計、技術系の仕事もあります。勤務時間は8:30〜17:15が一般的です。学生・教員のサポートを「やりがい」にできる人には向いています。...

大学の在宅勤務・テレワーク(2022年11月現在)

テレワーク

自宅で仕事を行う「在宅勤務」は2020年以降普及し、大学でも在宅勤務が推奨されました。

当初は在宅勤務専用の「在宅用パソコン」が数台支給されました。

その後、個人用PCがデスクトップから持ち運び可能なラップトップ型に変わり、形式上どこでも仕事ができるようになっています。

また、在宅勤務に関する規程も整備され、申告することで在宅勤務が可能になっています。

在宅勤務は育児・介護等事情のある職員が中心

制度上は、在宅勤務が可能になったものの、実態としては、定期的に在宅勤務を行っているのは全職員の1〜2割程度の職員に留まります。

それも、子供の病院の予定があるため、午前中に年休、午後にテレワークというような使い方がほとんどです。

2022年度以降、全面的に対面授業が再開したため、キャンパス内には多くの学生がいる状況です。2020年頃に比べ、窓口に問い合わせに来る学生も増えているため、在宅勤務がやりにくくなっています。

データ入力や事務書類作作成など在宅でできる仕事は多い

大学職員の仕事というと、学生窓口対応のイメージを持っている人が多いでしょう。

実際には、学生に関わらない人事関係・会計関係・施設関係の職種が7割以上を占めます。

会計も人事も書類上のやりとりがメインですから、在宅で行うことができる業務は多いです。

  • データの取りまとめ
  • 人事・会計のシステムへの入力
  • 学生相談のメール手続き

しかし、大学で活動する「教員と学生のサポート」を行うのが大学職員の役割ですから、授業・研究が大学で行われている以上、在宅勤務が中心になるということはないでしょう。

適正がある
大学職員に向いてる人の特徴4選!社会性が高く、堅実な人にオススメ大学職員に向いている人の特徴は以下の4つです。「社会の役に立ちたい人」「教員・学生のサポートにやりがいを感じられる人」「コミュニケーション能力が高い人」「ミスがなく堅実な人」...

在宅勤務推進を考えるうえでの大学の課題

向いていない

学生・教員が大学に来ている以上、大学職員として「在宅勤務」を増やすことは難しいのが現状です。

その他に「業務の縦割り」「電子決裁の未導入」などの問題があります。

業務が縦割りで、属人的な仕事が多い

大学の「業務の縦割り」がテレワークの推進を邪魔をしています。

学務係に担当が5人いたとしても、以下のように業務が縦割りで分担されています。

  • 学部の授業・成績担当
  • 大学院の授業・成績担当
  • 入試・オープンキャンパス担当
  • 国際交流・留学生担当
  • 学生支援・奨学金担当

例えば、「学生支援・奨学金」担当は窓口で、国際交流に関する相談を受けても、「国際交流」担当に話を流します。他の職員の仕事の状況を把握していないことが多いです。

在宅勤務で担当者が不在の時は、出勤している人の柔軟な対応が必要ですが、それができない状態になっているのが大学職員の課題です。

人の仕事にも興味をもって協力し合う「協調性」のある職員は重宝されます。

手助けすることを続けていると、自分の業務を手助けしてもらいやすいです。

無能・仕事がつまらない
大学職員は無能で変な人が多い?現役大学職員が内部事情を公開!大学職員は「無能」と言われることがあります。タメ口であったり、横柄な態度をとったりする職員は多いです。無能が多い理由として、年功序列・終身雇用・研修が不十分など制度上の問題が挙げられます。...

電子決裁が導入されていない大学が多い

大学は未だに印鑑で決裁していることが多いです。
(※「決裁」とは、事務手続きを行う上で、文書の発行等を行うのに、上司に文書上で確認をとることをいいます。)

在宅勤務の導入に合わせて、電子決裁の導入も検討されましたが、情報漏えい等のリスクから先遅れになっている大学が多いです。

平均年齢が高い職場であり、紙で確認する文化が根強くあります。

全てが電子決裁になり、どこにいても「書類の確認ができる」という状況は遠い未来のような気がしています。

文部科学省からの要請があれば、大学としても本腰をいれて、電子決裁が導入される可能性はあります。

【参考】2020年在宅勤務が推進された時の大学職員

スケジュール

参考に2020年、在宅勤務が推進された時の大学職員の働き方についても紹介します。

コロナ禍での方針について「文部科学省」から指示がありました。

大学は「国が認めた高等教育機関」です。

自由な教育・研究機関となっていますが、その運用は「文部科学省=国」の指示で行われています。

文部科学省が許可した定員を募集し、定められたルールの中で入試を行い、定められたルールの中でカリキュラムを組んでいます。

文部科学省からの通知分に従い、大学内で「コロナ禍の対応」を行います。

  • 「小学生以下の子供を育てる職員には特別休暇をとらせること」
  • 「メディア授業を推進し、対面授業は必要最低限にすること」

国がテレワークを推進しているので、大学側としても原則として教員・職員にテレワークを促すことになりました。

コロナ流行の半年後あたりから、通常授業を再開、感染者数の流行を見ながら、メディア授業と対面授業をミックスして授業を行ってきました。

2022年度には多くの授業が、対面授業に戻りました。

まとめ:大学職員で在宅勤務はほとんどできない

ITなどの分野に比べると、テレワーク率は低いのが「大学職員」の仕事の現状です。

「学生が学び」「教員が研究する」ことを支えるのが大学職員の役割なので、学生・教員が大学内で実験や実習をしている限りは完全なテレワークとはならないでしょう。

在宅勤務は少ないとはいえ、働きやすい「ホワイト」な労働環境とよく言われていますので、就職・転職先としてはオススメする仕事になります。

空を見上げる男性
【現役職員が解説】大学がホワイトな職場環境になる理由は「参入障壁」大学職員は「ホワイト」な職場だと言われます。そのとおりだと思いますが、残業や休日出勤が必要なこともあります。個人で仕事を管理して仕事ができるのが魅力ですが、業務過多になった時にも「チームで仕事をする」という文化はありません。...
お金を持つ男
国立大学事務職員の平均年収は低い?現役職員が給与月額・賞与額を公開!大学職員の給料・平均年収はあまり公開されていません。私立大学はそれぞれ異なりますが、国立大学では基準に則って給与が定められています。一例として、30歳関東国立大学職員の年収は約500万円、月給33万円、半年賞与48万円程度です。...
無料のコンピテンシー診断の「ミイダス」

自己分析・面接対策には人材関連会社のパーソル提供の
ミイダス」がオススメ!

自分の強みをしっかり理解することで、自信を持って転職活動を行えます。
無料の自己診断でライバルに差をつけましょう!